« 2009年4月 | トップページ

2009年5月

不登校のタイプ

不登校をしている生徒には、学校に行きたいという気持ちはあるけど、体が言うことをきかない「神経症タイプ」、ただたんに学校に行きたくないから行かない「怠け者タイプ」、何もする気力そのものが無い「無気力タイプ」の3つのタイプに分けられます。

こういうようにタイプが違うのですから対処方法もそれに合わせて行う必要があります。 場合によっては薬などを使う場合もあるかとは思いますが、カウンセラーや精神科医などに相談し、適切な対応をすることが克服への鍵となるのです。

しかし、このときに鍵となる専門家を選ぶところから鍵となるのではないかと思います。専門家になりたて、またはあまり技術がない専門家に当たってしまった場合、もっとひどい症状になってしまう場合もあるのです。

専門家によっては不登校というのはこういう対応をしなければというひとつの考えしかなく、どのタイプに対しても同じ対応方法を使う専門家がいるのです。ですから専門家を見極める目も親御さんには必要なのだということがわかります。  また、親御さんとしてはカウンセラーなどに相談することに対して抵抗感を持っていたりする人もいて、家庭内でなんとかするように頑張ってしまう人がいます。

しかし、内にこもってしまえば余計に悪い方向にいってしまう可能性もあります。 自分の体裁ではなく、子供のことを考えてカウンセラーなどの専門家に頼るようにしてみてはいかがでしょうか。  また、カウンセリングは定期的に通い、状況を判断してもらうことが大切となります。不登校を改善させるのは大変だと思いますが、しっかりやっていきましょう。

















気になる情報 EGF美容液 パステルゼリー ゼリーでダイエット パステルで減量 ヒルズで昼食 知りたいこと ゼリーがご飯 ヒルズダイエット日記 パステルを夜食に パステル 便秘解消

追伸

 今、ダイエット頑張ってます!薄着までに3キロ痩せるぞ~~! 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

日本におけるパンデミックへの関心

日本におけるパンデミックへの関心は、はっきり言って世界各国の中でも最低水準といわざるを得ません。 これはいか仕方ない部分もあり、日本においてはここ数十年、パンデミックによる大きな被害があまり起こっておらず、実感が沸かないという実状があるのです。  しかし、近年においては、それでは駄目だという声も上がって来ています。

その先頭に立つのが、日本国内の公共放送を運営しているnhkです。  nhkではパンデミックに対する関心を抱かせる為、そして危機感を持って貰う為に、これまで何度かパンデミックに関する番組を制作し、それを放送してきました。

その中でも特に話題を集めたのが、2008年の1月12日~13日に放送された「NHKスペシャル シリーズ 最強ウイルス」です。  この放送は二夜に渡り、一夜目は三浦友和主演のドラマ「感染爆発 ~パンデミック・フルー~」を、二夜目にはドキュメント番組「調査報告 新型インフルエンザの恐怖」をそれぞれ放映しました。

これらの放送を流す目的としては、当然国民に対しパンデミックに対する関心と危機感を促す事が第一にあるのですが、それ以外にも資料としての役割を担っています。  実際にパンデミックが起こった際、どうしても頭の中がパニック状態になって、テレビ放送などで説明を受けても理解できないという状況が考えられます。

そんな中、ドラマやドキュメント番組であれば、多少見やすくなり、頭の中にも入りやすくなるでしょう。  nhkは日本で唯一の公共放送機関です。 その役割は大きく、パンデミックが起こった際にも、先陣を切ってその脅威に対しての情報を提供する必要があるでしょう。 その場合、少しでも多くの引き出しが必要です。 こういった放送は、その際にきっと役に立つでしょう。
















気になる情報 NARS デュオリッ プグロス 天元 きんごきん ご ヒルズダイエット DHC 薬用リップク リーム DHC薬用ディー プクレンジングオイル 知りたいこと アルビオン リペ ア エッセンスベース ヒルズダイエット レッグマジック  美脚効果 SK-II ホワイトニ ングソーストランスフォームファンデーション

追伸

 朝、情報番組でやってた婚活の反対、離活!この言葉が最近流行してるようです。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ